コンテンツ

水回り設備の水道工事

日常の生活を送る上で水は必要不可欠です。その水を安定的に供給できている日本は、上水道普及率がおよそ9割にも及びます。地域によっては井戸水などの湧水が豊富な所もあり、上水道を必要としていない地区もあるために100%ではありませんが、世界的に見ても高い普及率です。世界で蛇口からの水が直接飲める国は日本を含めて16カ国しかないというデータもあります。
それくらい日常に欠かせない水道ですが、水道 修理や工事が必要になる場合はどのような時でしょうか。

■ほとんどの水回り設備は摩耗する

日常生活において水を使用しない日はありません。朝起きれば歯を磨き、トイレに行って、食事をするなど、どのシーンにおいても水道は必要不可欠なインフラ設備と言えます。
普段意識せずに使用している水回りの設備は、部品や本体そのものが摩耗するということを理解しておくことが大切です。そして、摩耗がピークを迎えると水漏れや水の詰まりを起こしてトラブルとなります。日頃からのお手入れで防げるものもありますが、いずれは経年劣化で水道 修理や工事が必要となります。実際にどのような時に工事が必要になるか確認をしておきましょう。

■トイレ本体、タンクの破損

水回り設備の故障で一番焦り困るのは、トイレの水漏れや詰まりによるトラブルです。特に水漏れの場合汚水が流れ出る危険性があるため、一大事に発展しやすく、集合住宅の場合は近所へのトラブルに発展して深刻化する危険性をはらみます。
トイレの水漏れの原因となるのは水を貯めるタンク内部の破損やタンク自体の損傷、さらにはトイレ自体の破損も考えられます。タンク、トイレの破損で修繕不可能となり、症状が深刻な場合はトイレ取り換えなどの水道 修理業者による工事が必要となります。

■まとめ
水道というインフラは日本においては当たり前のように普及しており、トラブルが発生すると大きな問題に発展することが多くあります。特にトイレの詰まり、水漏れの場合は自宅だけにとどまらずご近所トラブルに進展してしまう危険性があるため、軽微な異常の間に気付き水道 修理業者に設備点検を行ってもらうことが必要です。大きなトラブルになった場合でも速やかに業者に依頼し、適切な処置や工事を行ってもらえるように日頃から準備しておきましょう。
水回りで使用する器具は一定の年数が経過すると不具合が生じやすくなるため、普段からの定期検査が必要です。摩耗した部品は使用を中止し、新しいものに交換することが求められます。トイレ自体の破損やタンクの破損は水道工事を要することがありますので、業者へ連絡し、対応してもらいます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ