コンテンツ

箇所別に見る水道工事

生活シーンにおいて水を使う場面、場所は数多く存在します。軽微な損傷であれば部品の交換で事足りる場合もありますが、水回りは素人判断が難しい箇所が多く、不安があればすぐに業者へ依頼することが肝要です。
特にガスを扱う器具は素人で無理な解体を行うと取り返しのつかない重大な事故に繋がる場合もあり、用心が必要です。ガス給湯器の水漏れなどがそれにあたります。
その他にも水道工事が必要になる物もありますので詳しく見ていきましょう。

■キッチンの不具合

キッチンで水道工事が必要となる場合は、水が出ないトラブルです。この場合、水漏れや詰まりなども関連していることが多く、簡単に修理することは難しくなります。
給水管に異常がある場合はキッチン回りの他の器具にも悪影響を及ぼす危険性がありますので、被害が深刻化する前にただちに業者へ修理依頼をかけましょう。水道のみに留まらず浄水器や給湯機への悪影響でそれらの器具から水漏れが発生する事態になれば、時間と費用が大幅に掛かるようになりますので、軽微なうちに対応をすることが大切です。
キッチンの場合は排水管に油や食材カスなどが詰まり、水漏れを引き起こすことがありますので、普段からパイプクリーナーなどを使用して詰まりの原因となる物を取り除く工夫をしましょう。汚れの蓄積を防ぐことがトラブル深刻化回避の近道です。

■お風呂は家庭で一番水を使う場所

お風呂は給水箇所が一か所だけではない場合が多く、またお風呂に湯を張ったりシャワーなどを使用したりするため給水量が多く、同時に排水する水の量も増えることからトラブルの多い箇所になります。トラブルを回避するためには給水、排水のどちらともメンテナンスを行うことが必要です。
しかし日頃からメンテナンスを実施していても劣化は少しずつ進みます。入浴剤などに硫黄やアルカリ性の物質が含まれていることがあり、それらが給水排水管を傷めてしまう事例もあります。この場合は給水管や排水管の取り換え工事が必要となりますので、業者へ見積もりや修理を速やかに依頼しましょう。

■まとめ
家庭内で水回りのトラブルの危険性は常についてまわります。日頃からのメンテナンスを怠らないようにしながら、いざという時は自分で修理しようとせずに早めに水道 修理業者に依頼を行いましょう。水道工事にまで発展する場合もありますので、業者選びは普段から行っておき、安心で安全な業者を選定しておきます。
トラブル発生時はまず、落ち着いて冷静に素早く対処するように心掛けましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ